私のお金ストーリー・マイナススタート

 

 

ひとり親になった時の所持金2,000円。

 

けれど、

 

子供と私の収支だけ考えていればいいし、

前からワンオペ育児していたし、

お金と手がかかる前夫がいなくて、

前よりも楽だなと感じていた矢先、

 

離婚から約半年後、良くないお知らせが、、

 

 

 

 

私が保証人になっている分で、300万円の

返済義務があるとの、国金からの通知。。

 

300万円を前夫の共同経営者と私の2人で

連盟での保証人となっていました。

 

書いた覚えないけど、、

 

連名だから、

いつ返せるか見通しが立てずらいし、、

10歳の子抱えてるのに、

前夫やってくれたなとの思い。

 

早急に借入先の国金に出向き、

2等分して頂けないかを相談しました。

 

 

 

 

特例として、

半分の額150万円の返済を認めて頂けました。

 

150万円は大きな額ではあるけれど、

金額がはっきりした点は良かったです。

 

残る点は、どうやって返済するか?

 

一括返済しないと、年14%の利息がかかると

言われ、焦りました。

 

 

 

 

150万円を1年間ほったらかしたら、

171万の返済義務が発生します。

 

借金が雪だるま式になる~

 

 

 

国金は、真面目に期限を守る個人事業主の

味方ではあるけれど、返済が遅れた人には

容赦ないのだと知りました。

 

金利14%って、、

 

夏の暑い日で、フラフラしながら街の景色が

揺らいで見えた記憶しかありません。

 

一括返済したのだとは思うけれど、

正直記憶が飛んでいます。

 

おそらく、親に相談して立替てもらい、

私から親に返済したのだと思います。

 

キャパを超えると記憶って飛ぶんですね。

 

無心で働いた記憶しかない。

 

考えたら、おかしくなりそうな頭を

守るための自己防衛だったのかも。

 

23歳の時に前夫の遊行費150万円を

返済した時より、

何倍も大変だった記憶しかない。

 

子供がいると、思うように働けません。

 

子供がいる幸せと責任の両方の狭間で

まず目の前のことをするという思考だけの

日々が続きました。

 

 

 

 

多分、この言葉を言うと私のことを

ばか!!と思われるかと思いますが、

今でも前夫のことは、うらんでいません。

 

今回の借金150万円の負担は、

遊行費ではないので。

 

徹夜で頑張っている姿を見ていますし、

仕事に対する姿勢は尊敬しています。

 

いい加減にキャリアを考えていた私に

キャリアとは何かを教えてくれて、

自己中でわがままな私にストレートに

忠告し続けてくれた前夫。

 

子供には、

「パパはお金の計算が少し苦手だっただけ」

そう言っています。

 

結婚前に母が言った、

「本当の貧乏を知らないね。

自分の人生の責任は自分でとりなさい。」

の言葉の意味も少し分かりました。

 

私自身、本当に勉強になり、

感謝している部分もあります。

 

子供は、親に似ず、

お金について慎重な、優しい子に

育ってくれました。

 

見守って頂いた仕事関係の方々、友人、家族の

おかげです。

感謝しています。

 

 

 

 

もう50代になりましたので、

もう一度同じようなことは

勘弁してくださいとは思いますが。

 

<学んだこと>

☆ 苦しい時期はあるが、永遠には続かない

☆ 目の前のことに集中し、考えない

☆ キャリアは身を助ける

☆ 周りの人に頼ってもいい

☆ 感謝の心を忘れない

 

「私のお金ストーリー」ひとり親生活続編

また次の機会に書いていきます。

 

 

Follow me!

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です