私のお金ストーリー・息子大学生

ギリギリの合格

「こんなに勉強しなくて合格した子はいない!」

と塾の先生も驚いた(笑)

何とか大学へ滑り込めた息子でしたが、

文系の頭なのに理系へ進学したので、

授業についていくのに高校の教科書から

復習を始めて苦労していました。

 

息子は4歳から離婚するまで公文式の勉強をし、

計算の基礎ができているのと

本を読むのが好きでよく読んでいたので、

本人がやる気になればできるという確信を

私は持っていたので本人の意志に任せていました。

 

 

理系大学生は、忙しい

理系は、課題が多く出されるので、

バイトする時間はあまりありません。

社会勉強を兼ねる目的の週に2日のバイト代が

息子のお小遣いでした。

同級生の中には、自分で学費・生活費を出すために寝ずに

頑張って働いて、学校にも来ていたけれど、

無理がたたってフェイドアウトした人も何人かいるそうです。

 

 

私立理系の学費

私立理系の学費は、初年度は150万円

2~4年は、100万円かかりました。

4年間の合計は、450万円。

3月と9月末の2回に分けて払います。

振込期限に遅れたら、留年(汗)とのことでした。

入学金や授業料に加え、教科書代や実習費は別途かかります。

 

 

奨学金借入

奨学金は、

県や市から無利子で借りることができますが、

どちらから借りるかにより上限が異なります。

 

限度額ギリギリまで借りたかったので、

高校の時は、熊本県から月3万円、

大学の時は、熊本市から月51,000円、

借入をしました。

 

返済義務者は、

高校は、保護者

大学は、生徒本人となります。

 

返済期間は、

卒業後半年(9月)から始まります。

一括返済、分割が選べます。

 

大学に通っている時から、

高校の奨学金の返済は始まるので、

私の場合は、1万円×108回返済に

してもらいました。

本日現在の返済残高は、60万円です。

 

大学の奨学金は、

毎月の51,000円(私立自宅通学の上限)

に加えて、

初年度は20万円の追加の借入ができます。

 

限度額いっぱいまで借入をしましたが、

家計に余裕ができたので大学4年の借入の申請はせずに、

2,036,000円を一括返済しました。

役所の方は、「無理しないでいいですよ。」と

心配して頂いて、とても親切でした。

 

借入金と貯蓄金額との差=実際の資産残高を

エクセルシートで把握しているので

返済しても大丈夫な確信はありましたし、

息子の名義で借りたものなので、

お金がある時に返したかったのです。

 

何より怖いのは、借りたお金を自分のお金と

勘違いして自分が使い込まないか心配で (笑)

 

奨学金の返済方法については、役所に相談すると

事情によっては猶予や月々の返済額の減額も

検討してもらえるので、返済ができない場合は

そのままにせずに、先ず相談しましょう。

 

進路について親子でよく話し合い、

納得して決めたことなので、

息子も大学に行くのが楽しいと言っていました。

課題や卒業論文は最後まで必死にやっていましたが(笑)

 

就活費用は意外とかかる

大学受験の時は、学部毎の受験料(2~3万円)と

交通費やホテル代がかかりますが、

就職活動(就活)費用は、更に負担が大きいです。

 

スーツ一式に加えて、

複数社に何回か試験に行くことが多いので、

交通費やホテル代の負担が大きいです。

事前に予算化しておいた方が良いと思います。

 

 

 

売り手市場だったのも幸いし、

息子の希望の会社に無事内定を頂きました。

 

10月1日の内定式の旅費は、

立替て当日清算となりました。

(あいにく台風で前日に取りやめが決定)

内定が決まった後は、キャンセル料なども会社が負担してくれます。

 

就職先は決まっていても

卒業できるかは決まっていません。

先生から何回もダメ出しを受けて、

システムの作り直しをするために

息子が研究室に泊まり込む日々が続きました。

 

受験期の時と同じ気持ちで

親としても不安がいっぱいでした。

(留年したら内定取り消し&学費がかかる(汗)

祈るしかありません。

 

 

 

2月上旬にやっと、卒論の合格を頂き、

3月末から東京研修に行き、

4月末から名古屋配属になりました。

研修期間は、会社の借上げ寮に暮らしました。

 

初任給が出るまで

初給料が出る、5月20日までの生活費は、

郵貯銀行のカードは息子、通帳は私が

管理して、不足分を追加しました。

 

新生活準備

・アパートを借りる費用(約16万5千円)

・追加のスーツやシャツ類

・ベット

・布団

・洗濯機

・冷蔵庫

・IHコンロ

・オーブン電子レンジ

・調理器具一式 などなど・・・

 

ネット契約と机といすは自分で払うと

自己申告あり、

TVはいらないとのことで買いませんでした。

 

息子には、

お給料が出たら自分のお金で

生活するように

 

これっきりだよ!

と念を押しました。

幸い、息子は小心者なので、

気をつけてお金を使っているようで

口座残高を聞いたら30万円と言ってました。

私の20代と比べて立派(笑)

 

 

<学んだこと>

☆ 親も子も受験のストレスは大きいが、

親の心配を子供にぶつけてもマイナスになるだけ

親もじっと我慢するしかない

☆ 授業料以外にかかるお金がある

☆ 理系は、バイトで稼げない

☆ 奨学金は、返済まで計画して借りること

☆ 就活費用・新生活費用の準備もいる

☆ 子育ては、いつかは終わる

☆ 子育てが終われば、親は自分探しの始まり

 

最後まで、卒業が決まらずハラハラし通しの

息子と私でしたが、

息子が好きなパスタやさんにランチに行ったこと、

3月に湯布院で食べ歩き観光をしたこと、

大切な思い出になっています。

 

 

いつかは子供は離れると自分に言い聞かせてきましたが、

ひとり親で息子と2人3脚で過ごした日々

本音は心配でさびしいですが、

今後は、自分の人生を生きたいと思っています。

 

 

~☆ 無料メルマガ 始めました  ☆~

不安を安心に変えるあなたへのメッセージを

無料でお届けします。

ご登録は、こちらをクリック  ↓↓↓

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です