私のお金ストーリー 息子・中高生

 

 

中学入学を機に、息子を私の旧姓にしました。

 

同じ小学校の卒業生と同じクラスになることは

あまりなかったのですが、

本人は辛かったと思います。

氏を変えるのは、気持ちの上でも大変です。

 

公立の中学校だったので、

給食(ひとり親は無償)もありましたし、

自宅から近いので徒歩で通えたので、

大きなお金はかかりませんでした。

 

学校の費用はあまりかかりませんでしたが、

母子家庭割引で差し引いてもらっても、

塾代の負担、毎月(2~3万円)に加えて、

夏休み、冬休み、春休みの負担は、

痛かったです。(休み毎に5~10万円位)

 

 

借金返済の目途も付き始めたので、

中1の息子と初の海外旅行へ行きました。

旅行前に骨折しギブス姿の息子と参加した、

1人3万円位の安いツアーでしたが、

とても良い思い出になりました。

 

子供はいつまでも一緒に出かけてくれないので、

無理してでも旅行に行って、良かったです。

 

 

 

 

私立高校へ進学しましたが、

学校独自のひとり親家庭の減免(1万円位)と

高校無償化(私立は、授業料から1万円減免)で、

授業料の負担は予想よりも軽かったです。

 

想定外だったのは、昼食代と通学費でした。

 

食べ盛りの高校男子生の息子は、

友人と一緒に学食で食べるので、

結構な金額がかかりました。

 

通学は自転車でと決めていましたが、

雨の日などのバス通学で予想外の出費に

なりました。

 

進学先に納得していなかった息子は、

不登校ぎみで留年の危機にさらされた時期もあり

学校に通うことを優先して、

進学別の補習参加は努力目標にしましたので、

3年生になるまでは

塾に通う余裕はありませんでした。

 

同時期に私の仕事の状況も変わり、

一時期収入が大幅減して、

私自身の心身の状態も揺れていました。

 

色々な点を反省しまして、

親子で大学進学について話し合い、

息子の希望に合わせて進学先を決め、

息子にやっとスイッチが入り、

3年から塾通いも始めました。

 

 

 

 

通い始めたのが遅かったのもあるとはいえ、

大学受験の塾代は、恐ろしくかかりました。

(毎月10万円以上)

小中学生と高校生の塾代は、桁が変わります。

 

学資金の準備として、

大学の授業料を基準にするご家庭は多いですが、

塾代についても近隣の塾費用のリサーチをして、

備えておいた方が良いと思います。

 

 

<学んだこと>

☆ 公立の小中学校までは、教育費の負担が軽い

☆ 高校進学から、教育費がかかり始める

☆ 子供が小さいうちに思い出を作る

☆ 中高は、子供も親も心身に揺れる時期

☆ つらいことも思い出になる

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です