【ねんきん定期便の見方】49歳と50歳では、激変!

分からない

 

『ねんきん定期便』の正しい見方、分からない!!

というご質問を頂きましたので、

ねんきんネット|日本年金機構の内容を整理しました。

 

「ねんきん定期便」50歳を境に前提が変わる~49歳まで

 

49歳までの方の「ねんきん定期便」表面  ↑ ↑

 

49歳までの方に届く「ねんきん定期便」は、

それまでの年金保険料負担額が記載されています。

なので、「ねんきん定期便」を見ただけでは、

65歳から受け取れる年金の金額は分からないのです。

 

また、「ねんきん定期便」には、表と裏があります。

両面とも確認されることをおすすめします。

 

日本では、「国民皆年金」と言って、

20歳以上の全ての人が共通して加入する国民年金があります。

 

国民年金第1号被保険者

自営業者、学生、無職など

 

国民年金第3号被保険者

厚生年金保険被保険者に扶養されている配偶者

 

厚生年金保険被保険者(国民年金第2号被保険者)

会社員や公務員

(国民年金+厚生年金に加入している)

 

49歳までの方の「ねんきん定期便」裏面  ↑ ↑

 

これまでの加入実績に応じた年金額=それまでの年金保険料負担額

が記載されている点では、表面と同じです。

裏面では、「2 これまでの年金加入期間」に漏れがないか

チェックすることが重要です。

 

「ねんきん定期便」50歳を境に前提が変わる~50歳から

 

50歳からの方の「ねんきん定期便」表面  ↑ ↑

 

50歳以上の方は、60歳まで同じ保険料を支払い続けることを前提

65歳から受け取れる予定年金金額が記載されています。

 

【注意点】

50歳以上の方で60歳前にリタイアやパート勤務などに変わり

収入が大きく変化される方は、

受取金額が変わるという認識を持つことと、

受取予定年金金額の確認の必要があります。

 

50歳からの方の「ねんきん定期便」裏面  ↑ ↑

 

【注意点】

「特別支給の老齢厚生年金」がある方は、裏面の真ん中位に記載があります。

それ以外の方は、裏面の右端に書かれています。

男性は、昭和36年4月1日を境に

女性は、昭和41年4月1日を境に

「特別支給の老齢厚生年金」の有無が分かれます。

 

厚生年金基金の代行部分(注1)、

加給年金(注2)、振替加算(注3)は、

「ねんきん定期便」に反映されていません。

上記が見込める方は、「ねんきん定期便」に記載の金額に

いくらかの追加があるということになります。

 

厚生年金基金の代行部分(注1)

厚生年金基金が国に代わって給付する部分

老齢厚生年金の報酬比例部分のうち賃金の再評価分と

物価スライド分を除いた部分について代行している

 

加給年金(注2)

年金の家族手当のようなもの

厚生年金の加入期間が20年以上の人に、

65歳未満の配偶者または18歳までの子がいる場合に、

65歳以降の老齢厚生年金の支給開始から支給される

 

振替加算(注3)

上記の加給年金は、配偶者が65歳になると支給が停止し、

その代わりに配偶者の生年月日に応じた金額が

配偶者の老齢基礎年金に加算される

(配偶者が昭和41年4月1日以前生まれに限る)

 

誕生日の1~2ヶ月前に届く「ねんきん定期便」を毎年チェックしましょう

 

老後資金の心配をする前に、

「ねんきん定期便」で自分の年金の見込み額をチェックして、

不足すると感じるならば、対策をしましょう。

 

準備の方法はいくつもあり、

お一人おひとりの状況によって違ってきます。

 

「私の場合は、どうしたらいいの?」

具体的に知りたい方は、

ご相談を受けていますので、

お問い合わせよりご連絡ください。

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です