アラ50の家計の資産

 

 

「老後資金2,000万円問題」

胸の奥にざわつきが残ったままの方も多いかと

思います。

 

「私の場合どうなの?」と思っているけれど、

よく分からないという方も多いかと思います。

 

今回は、アラ50世代向けのざっくりとした

現状把握方法について書いていきます。

 

50代は、お子さんが独立したか、

独立が見えてきた時期かと思います。

 

老後の生活のイメージもできるし、

もし、明らかに不足していると感じたら、

軌道修正ができる世代でもあります。

 

 

 

 

私が以前バランスシートを作ってから

3年位経ちました。

子供も就職したので、

家計の状況も大きく変わり、

改めて現実を確認してみました。

 

手順①

「ねんきん定期便」で老後の年金額を把握する

 

手順②

バランスシートで現在の純資産を把握する

※ 純資産・・資産から負債を引いたもので、

実質的な資産額

(退職金の見込み額が分かっていれば加算する)

 

手順③

1年間の生活費を計算する

毎月の生活費×12+年間特別費=1年間の生活費

※ 年間特別費・・車検代、自動車税、固定資産税、

帰省費、旅行費、冠婚葬祭費など

 

手順①と手順②で資産を把握して、

手順③で出た数字で割ると、

ざっくりとした老後生活の寿命?がわかるかと

思います。

 

手順②のバランスシートは、

「日本FP協会」作成のバランスシートを

使って、一覧にしてみました。

※ バランスシートは、どなたでも無料で

日本FP協会のHPからダウンロード

できます。

 

♦ まずは、「資産」から書きます

 

私は、こんな感じで書いていきました ↓

 

現金・・財布やへそくりを探して合計

預金・・通帳を引っ張り出し、記入

定期・・夫が記帳していなく不明

 

保険・・解約返戻金を調べるか、

面倒な時は払込満了時の金額を書く

 

株式、債券、投資信託などは、

ネットで時価を調べるか、

面倒な時は、投資額を記入

 

住宅・・近隣の売買価格を目安にするが、

面倒だったので、建築費の半分位を記載

土地・・近隣の取引価格を書く

 

♦ 次に「負債」を書きます

 

住宅ローン、自動車ローン・・0円

カードローン・・10万円

奨学金・・ひみつ

その他・・0円

 

☆ 「資産」-「負債」=正味の資産

 

感想は、

まあ、想定内の感じです。

 

前回は、ライフプラン表で詳細な金額を出し、

把握していましたが、

今回はFP以外の方が取り組みやすい方法で

トライしてみました。

 

詳細な金額が知りたいとか、

解決方法を見つけたいという方は、

ライフプラン表の作成をした方が

良いと思います。

 

 

 

 

バランスシートを書き出してみて、

安心された方、

まずいと感じた方、

色々感想は分かれるかと思います。

 

しかし、今ならリタイアまで

10年~20年あります。

修正が効く年代だと思います。

 

ただし、修正は

正しい方法で、最短のルートで、

最小の労力でされるようにお勧め致します。

 

不安な方は、専門家へご相談ください。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です