簡単!家計簿なしでお金が貯まる家計になりました★その2

貯金

簡単!家計簿なしでお金が貯まる家計になりました★その1

(読んでない方は、こちらをクリック ↑ )

 

「家族と将来の夢や希望を話すことで、それを実現できる」

良いイメージを持つことで実現へと近づきますよ。

ということを「その1」でお伝えしました。

 

お金を貯めたい!どうやったら貯まるの?

 

今回は、

『ものとお金を整理する』

  1. 家計のムダを知る
  2. 家計のムリない見直し
  3. 豊かな生活へシフトする

について書きます。

 

穴のあいたバケツ

 

『ものとお金を整理する』ことができていないと、

穴の開いたバケツに水を入れ続けてもたまらないように、

いくら稼いでも貯まらない家計のままです。

 

1.家計のムダを知る

 

年間収支

 

収入と支出を一覧表にまとめます。

☑用意するもの:給与明細、通帳、クレジットカードの明細

1か月分のレシート

 

自分の家庭に合う項目にアレンジして整理していきましょう。

 

2.家計のムリない見直し

 

自問自答

 

 

「ホントに必要なお金か?」

3回くらい、自問自答してください。

 

ハッキリしない場合は、A、B、Cの3つに分類してみましょう。

マーカーで色分けして、項目と金額にラインを引くと分かりやすいです。

 

A.生きていくために必要な支出(お米、水道光熱費など)

B.なんとなくの支出(コンビニのついで買いなど)

C.幸せな気分になる・将来への投資(プチ贅沢スイーツ、資格取得費用など)

 

3つに分類したら、自分にとっての優先順位を決めて、

残す予算枠と削る予算枠を決めます。

 

何でもかんでも削るのでは、むなしいし、

長続きしませんよね。

 

大切なことにお金を使って

ムダなものについては、省く

『メリハリ』をつけた方が、ムリなく長続きしますよ。

 

お給料日前や週末の買い出し前は、

冷蔵庫や食品庫にあるものでつくる日を決めて

クックパッドなどで調べて、

アレンジ料理に挑戦するのをおすすめします。

 

創意工夫する中で新メニュー開発!

マンネリ化した生活に刺激が生まれて楽しいですよ(笑)

 

グッズや洋服などを買う前に

「手持ちで、代用できるものは?」と、

常に自問自答しましょう。

 

ものが増えない

スッキリとした生活は、

『ものを探す時間の節約

お金の節約

気分もいい!』と、

良いことだらけです。

 

固定費などの見直しについては、

『ほけんROOM』Q&Aで

家計の助けになる節約について

で、書いていますので、ご参照ください。

 

3.豊かな生活へシフトする

 

豊かな生活

 

そもそも目的がないと

お金を貯めるモチベーションの維持はできません。

 

1年後、3年後、その先のあなたはどんな生活を送りたいのですか?

 

例えば、今40歳としたら

『1年後 41歳 京都の桜を見に行き、旅館で京料理を堪能する』

のが夢だったら、

夢実現へ向けてもう少し具体的なアクションをしましょう。

 

京都行のツアー料金、交通費、宿泊費、

食べたいお料理の料金、買いたいものの値段を調べてみましょう。

 

『予算10万円』としたら、

100,000円÷12=8,333.33・・・円

月に8,334円貯めていけば、京都に行ける!ことになりますね。

 

3年後、その先の未来へも同じようにして計画できます。

 

別な方法としては、

未来のお金の設計書(ライフプラン)を作ると

全部まるごと、プランニングできます。

 

WOOPの法則』という法則を使って

より実現へ近づかせる方法もあります。

 

WOOPの法則』

Wish(願望)

Outcome(結果)

Obstacle(障害)

Plan(計画)

 

起きる可能性のある障害を事前に書き出して、

『乗り越えるためにどうしたらいいのか?

どうしたら実現できるのか?』

を考えて、

実行できるプランを立て、

実現に近づくという考え方です。

 

準備の方法はいくつもあり、

お一人おひとりの状況によって違ってきます。

 

「私の場合は、どうしたらいいの?」

具体的に知りたい方は、

ご相談を受けていますので、

お問い合わせよりご連絡ください。

 

今回は、

「稼ぐ + ものとお金を整理する

お金を貯められるあなたになります!」

ということをお伝えしました。

具体的なアクションを起こすことで実現へと近づきますよ。

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です