保険をシンプルにする

 

 

国内大手生命保険の商品によくある、

死亡保障、医療保障、がんの保障などの

複数の保障が1つの保険に入っている商品が

分かりにくいということをよく聞きます。

 

洋服に例えてみます。

 

ワンピースを基本としてみます。

ワンピース=基本

これだけでも、外出OKの完成形です。

 

保険の場合、終身保険(保険ファンド)が基本で、

終身保険(保険ファンド)=主契約 となります。

これだけでも、保険は完成します。

※ 終身保険とは、死亡保険の1つで、

お亡くなりになるまでの一生涯の死亡保障です。

 

主契約にオプションで付けるのが、特約です。

特約=オプション

オプションなので、付けなくても良いです。

 

特約には、定期保険特約、収入保障特約、

介護保障○○特約、医療保障特約、

女性疾病保障特約、特定疾病○○特約

・・・その他、多数あります。

 

生命保険を提案される場合には,

最初から○○特約がたくさんついたものを

提案書として出されるかと思いますが、

「自分にとって必要か?」考えて、

「なぜ、それが必要か?」

提案した人に聞いてみて、

自分で気がつかなかったリスクが分かれば、

追加すると良いですし、

不要ならば、要らないと判断されると

良いと思います。

 

 

 

 

特約は、アクセサリーのようなもので

何をつけるか考えて付けないと、

付け過ぎてごちゃごちゃします。

 

内容を吟味して、選びたいものです。

 

 

 

 

保険も洋服と同じように、

同じブランドでコーディネートするより、

色々なブランドのものをミックスして、

自分に合ったものを選ぶ時代になったと

思います。

 

保険を1社だけでまとめるより、

複数社の保険商品の良いとこどりして

コスパ良くした方が、

一生涯の保険料負担額から考えて得策だと

思います。

 

保険ショップに行く場合にも、

注意点があります。

保険ショップにより、

提案に偏りがある場合もあります。

お客様の都合より、

会社の利益優先が優先されている

提案内容を見ることがあります。

 

保険の勉強をしたことがない方が、

最適な保険に加入することは難しいので、

保険に関しての疑問がある場合は、

専門家へ相談されることをお勧めします。

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です