がん保険は、どんな時に払われるの?

 

支払の基準は、保険商品で違う

加入しているがん保険に、

「がん○○給付金」と書いてある場合、

○○のところに、

「診断」とかいてあれば、「診断された時」

「治療」と書いてあれば、「治療を始めた時」に

支払対象になります。

 

支払回数も、保険商品により異なります。

1回きり、

○年毎に支払われる(複数回)、

5回までは○年毎に支払われるなど、

色々な形態があります。

 

悪性新生物と上皮内がん

悪性新生物は、転移の可能性が高いがん

 

上皮内がんは、腫瘍が上皮(粘膜層)内にとどまっていて、

基底膜以降の組織に達していない状態のがん

上皮内がんは、治療すれば転移や再発の可能性は

ほぼないと言われています。

 

保険商品により、悪性新生物を100%給付とすると、

上皮内がんは、10%~50%~100%給付と

給付金の金額にばらつきがあります。

 

同じ保険会社でも加入した時期で内容が違う

がんの治療は、日進月歩、日々進化しています。

そのため、保険会社は最新の治療法やよく使われる治療法に

合わせた商品を開発しています。

 

昔は、がん=死と考えられていましたが、

今は、がん=死ではなく、治療により回復する可能性がある

と考えられてきています。

 

昔は、手術と長期入院がメインでしたが、

今は、通院と短期入院がメインになりつつあります。

 

又、重粒子線や陽子線を使った

切らないで体の中のがんを小さくして、

上手くいけば消滅する治療法もあります。

(がんの種類により、向き不向きはあります。)

 

九州のがんの先進医療取扱機関 ↓

サガハイマット/九州国際重粒子線がん治療センター

メディポリス国際陽子線治療センター

 

厚生労働省が定めた先進医療 ↓

厚生労働省/先進医療を実施している医療機関の一覧

 

加入しているがん保険の内容について

よく知らない方や内容を誤解している方は多いので、

保険証券の確認をおすすめします。

 

内容が分かりにくいと思ったら、

ご加入の保険会社のコールセンターに電話して

内容を確認された方が良いと思います。

 

同時期に複数の部位での発症

再発、転移、新たながん

がんの三大標準治療などについて

ほけんROOM で Q&Aの回答をしました。

 

続きはこちら ↓

どんな場合に適用されるのかがよくわかりません

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です