私の保険の見直し~終身保険の払込終了、がん保険と医療保険

家計

56歳を目前に保険の見直し

55歳で終身保険の払込みが終わりました。

がん保険も1本解約しました。

医療保険で10年ごとに保険料が上がるものを

保険料ずっと同じ終身保障にするように勧められましたが、

総支払額が高くなるので、現状維持の10年更新にしました。

 

保険を解約する時は、

やっぱり決心のような強い意志が必要ですね。

 

ひとり親時代(40歳~50歳)は、責任が重かったので、

保障を厚くしています。

 

子供の進学状況をみながら(大学院まで行くか?行かないか?)

私が万が一の時に教育費を残せるのか考え、

親としての責任が軽くなるに連れて保障を減らしていますので、

保険料の負担も減っています。

こんな感じになりました。

保険の見直しのきっかけと時期

子供20歳・私50歳

教育費、住宅ローンの払い終わり、老後資金にメドがついた

子供21歳・私51歳

子供が会社になじんだのを見届けた

定期保険1,000万円を解約

子供25歳・私55歳

子供が独立して今春より社会人4年目に。責任が減った

終身保険の払込完了。がん保険を1本解約。

今後の予定

医療保険は、自動更新で保険料が10年毎に高くなりますが、

予定利率が良い時の保険のため保険料は割安なので、

できるだけ続けるつもりですが、

 

今でも高額療養費制度もありますが

75歳から後期高齢者医療保険に該当すると思うので

75歳位に解約するかもしれません。

(医療保険制度の改定次第です。)

 

私は、わりと入院や手術をしたので、

緩和型に見直すと保険料が高いので現状維持です。

 

見直しをしようかと考えていると、

入院・手術するパターンが続いています(泣)

 

需要は低いかと思いますが、私の手術・入院歴です。

中1 蓄膿症の手術と入院(1カ月)

高1 アデノイド切除手術と入院(2週間)

22歳 交通事故で入院(2週間)

直進中に右折車に正面衝突されました(泣)

 

30歳 つわりで入院(2ヶ月)

40歳 卵巣嚢腫で卵巣の片方切除手術と入院(2週間)

54歳 術後性上顎洞切除手術と入院(3日間)

 

本当に入院が多いですね。家族の中でナンバー1 (;^_^A

54歳の時は、中1の時の蓄膿症の手術の影響です。

 

先進医療になぜこだわるのか?

私が医療保険にこだわっているのは、

がんの先進医療は300万円かかりますし、

九州は重粒子線と陽子線のがんの先進医療が

受けられる環境がそろっているからです。

(お客様が治療されました)

 

また、先進医療には1,000万超の治療が1つあります。

白内障は、先進医療から外れて健康保険適応になりました。

 

医学の進歩と健康保険制度の兼ね合いで

先進医療の対象の入れ替えはありますが、

常時約100種類の先進医療はあるようです。

 

※最近、先進医療単体の保険会社を見つけました。

医療保険の特約で付ける場合より割高ですが、

検討する余地もありそうです。

 

がん保険の一時金にもこだわっています

がんの種類、ステージ、年齢、体力などによって

治療方法と医療費は変わってきますが、

例えば胃がんであれば、標準的な治療方法であれば、

1年間で50万円位の自己負担が目安になります。

 

昔は、がんは手術して切って長く入院することが多かったのですが、

今は、通院治療、自由診療も多くなり、

治療形態の変化、治療方法の選択肢が増えてきたので、

お財布の事情でどこまで治療するのか?

判断するしかない方もいらっしゃいます。

 

その選択を家族にもさせたくないですし、

自分も、したくありません。

(私の個人的な気持ちです。)

 

がん保険は、

診断給付金に重点をおくことをおすすめしています。

 

極端な話ですが、

がんと診断されて、がん診断給付金を受け取って

旅行に行くも良し、

民間療法やサプリで治したいと思えばそれもアリです。

 

がんは、若くて体力がある人ほど治療方法の選択肢が多く

お金がかかる病気です。

逆に高齢になれば、今の治療方法から考えると

健康保険適応の治療でほぼほぼ事足ります。

 

そのため、

私が70代位になった時のがんの治療方法を加味して

がん保険を続けるか解約するか決めるつもりです。

 

保険も奥が深いので、まだまだ書き足りないこともあります。

「自分の保険の内容が分からない。」

「自分の保険の内容が大丈夫か?心配。」という方は、

個別相談をお受けしています。

 

お問い合わせ 

 

メルマガ登録