簡単!家計簿なしでお金が貯まる家計になりました★その3

貯金

簡単!家計簿なしでお金が貯まる家計になりました★その2

(読んでない方は、こちらをクリック ↑ )

 

「稼ぐ + ものとお金を整理する

お金を貯められるあなたになります!」

ということを「その2」でお伝えしました。

 

3つの借金返済の事例~私の場合編

 

十人十色

 

今回は、

『お金を貯める前に、借金がある時のリセット法』

1)21歳 東京のアパート代50万円の返済

2)23歳 前夫の借金150万円を1年間で返済

3)41歳 前夫の借金300万円の返済

について書きます。

 

借金の時期と返済額の違いによって

自分のとらえ方が違っているのが面白く感じたので

整理してみます。

 

21歳 東京のアパート代50万円の返済

 

東京

 

短大を卒業後に地元の企業に就職したのですが、

旅行関係の仕事に就きたくてそこを辞めて、

上京し、21歳の時の一時期東京に住んでいました。

 

手取りで15万円頂いていたのですが、

全く足りない事態になってしまいました。

 

家賃が7万円だから ( ´∀` )

 

いくら20歳そこそこでも

15万円の手取りで7万円のアパートは無茶苦茶ですよね~

 

私がそこに決めたのではなく、

決めたのは、伯父さんですが。

 

伯父の知り合いが持っているマンションの一室が空いているから

「無料でいいから~住んだら?!」と伯父は言い切ったのですが、

住んで2か月目に、「家賃や敷金は?」と大家さんに言われて・・・

 

まさか、伯父の思い込みだとは・・・恥ずかしくて言えなくて (;’∀’)

 

えらいめにあいました!

 

東京でお金がないって、どんなにみじめなことか。

 

東京には魅力的なものがあふれているのに、

21歳の私はじっと指をくわえて見ているだけ。

 

旅行代理店での仕事は、

海外青年協力隊の方のビザを取りに

外務省や各国の大使館へ行くことでしたが、

 

そういう場所って一等地にあるのです。基本、港区。

勤め先は、帝国ホテルの隣のビルの中。

 

アイスミルクティー

 

毎日、白ご飯に目玉焼きのせて、節約しましたが、

そんなことでは間に合わないくらい、常に金欠状態。

 

当時同僚の間で流行っていた、

アイミティー(アイスミルクティーの略)

400円位だったかな?

お財布から出すときに・・・クゥーっていう感じしました。

アイミティー、誘わないで・・・とも言えず ( ノД`)

 

\ 結果、熊本に帰りました! /

そして、\ 借金50万円が残りました! /

 

今となればネタですが、当時はしんどかったです。

 

やっぱり、一番の失敗は家賃が高すぎたことが

最大の敗因でした。

 

家賃はずっとかかるものだから、

「払える金額のアパートを借りること」

これ鉄則!ですね。

 

あれこれとお世話してくれる人がいても、

結局は自分で最後は責任を取ることになるし、

大切なこと(ここでは、アパート)は、

人任せにせず、自分で決めるも基本ですね。

 

脱線が続きましたが、

本題の借金50万円の返済方法に戻ります。

 

ラジオ体操カードのように、マス目を50個書いて

1万円母に返済する度に、印鑑を押してもらう

小学生の夏休みのがんばった感のある返し方をし、

自分ががんばっているのを感じるようにしました。

 

熊本の一般企業に勤務しながらの、固定給での返済なので

2年くらいかかったような記憶があります。

(記憶が薄れていきます。今のうちに書いておこう(笑)

 

23歳 前夫の借金150万円を1年間で返済

 

買い物

 

前の夫と出会った1年後くらい、23歳の時に、

色々な金融機関から返済の催促や赤紙(たぶん、裁判所から)が

前の夫に送られてきました。

 

ビックリしました。

ドラマみたいじゃないですか。

こんなこと、ホントにあるんだって(笑)

 

前の夫、ちょっと焦っていましたが、

焦っているの、ちょっとだけなのです。

(この時点でやばいやつ認定してフェイドアウトしてればよかった)

 

私の方がビビっちゃって、

借金の一覧表をノートに書いて整理しました。

こんな感じに ↓ ↓ ↓

借金の返済一覧表

 

例えば、平成1年1月に返済したら、

上の表のようにマーカーで塗りつぶしたり、

横線を引いて済と書いたりして、

やり遂げました感を感じるようにしました、私の。

 

できるだけ、繰り上げ返済していました、私が。

バイト代が手に入る度に、サラ金に返しに行ってました。

 

サラ金業者さんの、

「そんなに急がなくてもいいですよー」と、

甘いささやきを振り切って。

 

通常の返済、繰り上げ返済をしたら、

一覧表に記入していました、私が。

 

私のお金ストーリー

にも書いているかと思いますが、

前の夫と出会うまでの私は裕福な生活をしていたので

一種のゲーム的な感じさえ感じていたように思います。

 

知らない世界を体験して、冒険的している感じで。

 

前の夫20歳、私は23歳と、若くて、気力と体力もある。

時はバブル全盛期。

お金が飛び交う世の中で、

どうにかなると思っていたのです。

 

本業 + バイト で、

150万円をあっさりと1年間で返済しました。

 

あの時に、私がしゃかりきになって借金返済をせずに、

前の夫に当事者意識を持ってもらうようにすべきだったと

今は、思います。

 

若いとはいえ、考えが足りない。アホでした。

21歳と23歳、50万円と150万円の返済をあっさりとできたのは、

やっぱり若かったから!

 

☆彡 その他のポイント

・借金を一覧表にして、見える化した

・借金を金利が高い方から返していった

・借金を返したら、消していくことでやる気になった

・問題を先送りせず、逃げなかった

・繰り上げ返済をした

 

41歳 前夫の借金300万円の返済

 

借金返済

 

21歳と23歳、50万円と150万円の返済をあっさりとしてきた私ですが、

41歳の借金300万円の発覚はしんどかったです。

 

だって、息子10歳で今から教育費てんこ盛り、

私は41歳で更年期に足を踏み入れている

 

気力と体力、共に 無し!!

 

そんな私がどうやって借金を返していったのか。

詳しくは、こちらに書いています。 ↓ ↓ ↓

私のお金ストーリー・マイナススタート

 

「勇気もらった!」

「何とかなるんですね!」

と、ご感想を頂く話です。

 

借金返済は、計画と成し遂げる気持ちが大切です。

 

それを見守り、時には咤激励してくれる人がいたら、

ずいぶんと楽になることでしょう。

 

私の体験から得た知恵を盛り込んだ、

当事者だからこそ分かる、

相談後はあなたが笑顔になるアドバイスをしています (^^♪

お困りごとがありましたら、こちらへどうぞ。

個別相談

 

 

 

 

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です