学資保険だけで足りる?!

 

小学校入学までの教育・保育

幼児教育・保育の無償化がはじまります。
認可保育所、認定こども園、幼稚園、地域型保育は、
国立・公立・私立の区別なく無償化の対象になります。
3~5歳児クラス:
全ての子供たちの利用料が無料
0~2歳児クラス:
住民税非課税世帯は無料
(保育所等を利用する最年長の子供を第1子とカウントし、
第2子は半額、第3子以降は無料。
ただし、年収360万円未満相当世帯は、第1子の年齢は不問)

 

 

保育標準時間認定、保育短時間認定どちらの場合も、

延長保育の利用料は無償化の対象とはなりませんなど、

いくつかの決まりごとがあります。

 

子育て世代の負担を軽くし、

将来を担う子供たちへの支援が始まります。

 

詳しくはこちら ↓↓↓

内閣府  幼児教育・保育の無償化(内閣府)

 

小学校・中学校・高校の教育

 

~政府統計の総合窓口 e-Stat 子供の学習費調査 平成28年度

学校種別の学習費より~

 

学習費の総額は、一番下の段になっています。

 

グラフにしたものがこちら ↓↓↓

 

♦ 公立の場合  小学校~高校までの学習費総額

小学校 322,310円×6年間=1,933,860円

中学校 478,554円×3年間=1,435,662円

高校 450,862円×3年間=1,352,586円

合計 4,722,108円

※高校は、給食費は含まれていません。

 

♦私立の場合  小学校~高校までの学習費総額

小学校 1,528,237円×6年間=9,169,422円

中学校 1,326,933円×3年間=3,980,799円

高校 1,040,168円×3年間=3,120,504円

合計 16,270,725円

※高校は、給食費は含まれていません。

 

小学校~高校までの学習費総額

全て公立  合計 4,722,108円

全て私立  合計 16,270,725円

公立と私立の学習費総額の差は、11,548,617円

その差、3.4倍以上です。

 

公立か私立かどちらに進学するかによって

必要な費用が変わってきます。

 

大学・短期大学・高等専門学校・専門学校の教育

 

~高等教育の修学支援新制度~ (令和2年4月から実施)

しっかりとした進路への意識や進学意欲があれば、

家庭の経済状況に関わらず、

大学・短期大学・高等専門学校・専門学校に

進学できるチャンスを確保できるように支援するもの

文部科学省

 

所得制限などの決まりごとがありますが、

経済的な理由で進学をあきらめていた学生に

門戸を開いています。

 

詳しくはこちら ↓↓↓

文部科学省 高等教育の修学支援新制度 ~学びたい気持ちを応援します~

 

 

教育費の総額

 

全て公立の場合  幼稚園~高校までの学習費総額

5,423,949円

全て私立の場合  幼稚園~高校までの学習費総額

17,717,901円

 

大学に進学する場合

文系が最も学費が安く、約250万円程

理系・医学系の私立となると、

約500万円~約5,000万円程

 

自宅外通学の場合、

月額約10万円~20万円程追加でかかります。

 

学習費がいくら位かかるのかは、進路次第です。

 

教育費を準備するために親にできること

 

子供が小さな時から将来の進路を決めることは

難しいですが、

親にできることは、できる範囲で早い時期に

経済的な準備を始めていくことです。

 

1) 児童手当は、貯蓄や運用をし、進学費用に備えること

(児童手当の合計で約200万円程度になります。)

2)できれば、追加で積立などをすること

3)子供の学習を見守り、声かけをすることと、

子供の個性を伸ばすように働きかけること

 

 

~ほけんROOMでは個別の質問に回答しています。~

 

学資保険だけで大学までの教育費は足りるのか

ほけんROOM で Q&Aの回答をしました。

 

 

~☆ 無料メルマガ 始めました  ☆~

不安を安心に変えるあなたへのメッセージを

無料でお届けします。

ご登録は、こちらをクリック  ↓↓↓

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です