株価急落はチャンスタイム

株価の急落のニュースが流れると

銘柄数を絞って集中投資をしている方は、

内心穏やかではないかもしれませんが、

「積立投信」をしている場合は、

株価が下がっても慌てません。

 

 

 

 

「積立投信」・・・

「毎月一定額を長期的に投資する積立」

 

積立投信では、

株価が下がっている場合は、

安い価格で株数を多く買える、

チャンスタイムです。

 

 

(例)毎月3,000円の積立投資信託

 

3,000円で購入できるのは、

1株の価格 1,000円では、3株、

1株の価格 100円では、30株。

1株の価格 300円では、10株、

1株の価格 500円では、6株。

 

 

購入金額は同じでも、

株価が下がった方が、

株数が多く購入できます。

 

 

3,000円の投資を5回したところで売却したら、

どうなるでしょうか?

 

合計購入金額は、15,000円、

1株の株価は、500円、

株の総数は、59株。

 

 

500円×59株=29,500円

購入金額 15,000円が

売却価格 29,500円になっています。

利益は、14,500円です。

(1例です。同じ値動きをするとは限りません。)

 

このように一定額を毎月投資して

長期的に投資をすることにより、

株価の変動の幅による影響を小さくする方法は、

「ドルコスト平均法」と言われてます。

 

元本保証なし、値動きありの

投資の安定性を高めるために

ドルコスト平均法を使い長期的な運用を

心がけることは大切だと思います。

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です