現金での貯蓄を増やすためには

 

「現金での貯蓄を増やすためには、どうしたらいいのか?」

ご質問をいただきました。

 

貯蓄を増やす黄金ルール

入ってくるお金(収入)、出ていくお金(支出)、増やすお金(運用)

の3つをコントロールすることにつきます。

 

収入>支出

になっていますか?

 

毎月できていることが理想ではありますが、

イベントなどで支出が多い月もあるかもしれませんね。

その場合は、1年間を通してどうだったのか?

 

収入>支出

になっているのか、確かめてみましょう。

 

家計管理ができていない場合

収入を増やすことは、すぐにはできないかもしれません。

 

まずは、

支出はいくらか、知ることから始めましょう。

(意外と知らない人が多いです。)

 

通帳の記帳、カード払いの明細、レシートを一覧に書き出し、

1か月分の支出を書いていくと、自分の支出の傾向が見えてくるのでは

ないでしょうか?

 

必要なものや満足度が高い買い物のレシートには、○

役に立っていない、何となく買った物のレシートには、✖

を書き込んでおきましょう。

後から、何を節約したらいいのかの判断がしやすくなります。

 

そもそもレシートがないという場合は、

まずは1か月分レシートを取っておきましょう。

レシートをもらえない場合は、日付、店名、金額を

メモに書いておきましょう。

 

次に、

1枚もののカレンダー(ない場合は紙に手書きでもOKです)に、

イベント名と金額を書いていきましょう。

○月 ○○ちゃんお誕生日 ○○円

○月 車検 ○○円

○月 塾の特別講習 ○○円

など

 

もし、貯蓄や資産運用をしているものがあったら、

○月 定期預金 ○○円

〇月 投資信託購入 ○○円

なども書いていきましょう。

 

記帳した金額は、1年間で増えていますか?減っていますか?

それは、いくらですか?

 

そのようなことをクリアにしていきます。

 

赤字が続いている場合は?

ローンが残っている場合は、

いつまでに、いくら払うのか?

メモしておきましょう。

 

ローンが複数ある場合には、

金利が高いものから返していくようにしましょう。

ローンを返したら、✖で消していくのもいいですよ。

目に見えることでモチベーションが保ちやすくなるでしょう。

 

そして、新たな借り入れはしないことを

肝に銘じておきましょう。

 

ローンを返し終わった後からが

貯蓄生活の始まりです。

 

黒字家計の第一歩

前の章まで、支出を知ることから始めましたが、

○✖を書き出していて、それぞれどのくらいありましたか?

 

✖ 役に立っていない、何となく買った物は、

次から買わないようにしましょう。

 

一見、ぜいたくに感じるものでも、

自分で納得しているものは、OKです。

 

その他、こんな項目はどうですか?

・サブスクで借りているビデオ

・あまり行かないスポーツジム

・入れたままのスマホの有料アプリ

・時間外のATMでの引き出し手数料

・携帯電話のプラン

・必要な保険であるか

 

生きたお金の使い方できていますか?

 

年払いの割引を活用しよう

保険料などは、年払いにするとお得になるものがあります。

医療保険、がん保険、個人年金など、支払い方法は、年払いになっていますか?

※変額保険とドル建て保険は月払いをおすすめします。

 

日本円で払うものと株価の動きに連動しないものは、

年払いがおすすめです。

 

『ちりも積もれば山となる』ですよ。

 

先取り貯蓄できていますか?

毎月のお給料から1番先に貯蓄用にお金を取っておきます。

その残りのお金でやりくりできるようになると、

お金は貯まっていきます。

 

1年間を通してかかるお金や一定期間にかかるお金

イベントや家電の買い替えなどの大きな支出(特別費)に備えて、

毎月一定金額を先取りしておくことも忘れずにしましょう。

 

なお、貯蓄や特別費は、日常生活費の引き落とし口座と別にして、

できるだけ手をつけにくい状況を自分で作ることも大切です。

 

資産運用のスタート

収入>支出

  ↓

先取り貯蓄

  ↓

お給料の手取り6か月分くらいが貯まってきたら、

無理のない範囲でNISAやiDeCoなどをネット系の証券会社で

始めてみてはいかがでしょうか?

 

資産運用を始める前に、投資について学んでおくことも大切です。

日本証券業協会ホームページ 投資の時間

※投資に絶対はありませんので、しっかり学びましょう!

 

家計の見直し、

投資の始め方について知りたい方、個別相談をお受けしています。

お気軽にどうぞ (^^♪

 

お問い合わせ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。