年間収支と貯蓄予定額は?

 

明日からお仕事という方もおられるかと思います。

お疲れ様です。

新年のうちに今年のお金の流れを確認して、

いくら貯めようか考えてみると

良いスタートが切れると思います。

 

 

 

月の手取りはいくらですか? → ①の金額

 

☆ MONTH 月ごとの支出

このような感じで書き出してみましょう ↓

住居費        円
電気代        円
ガス代        円
水道代        円
通信費        円
保険料        円
子供費        円
食費         円
日用品費       円
レジャー費      円
小遣い(  )    円
小遣い(  )    円

合計         円 → ②の金額

① - ② = 今月の貯蓄額 ですね。

 

 

☆ 月ごとの支出は、レシートの保管や家計簿に記入してなければ通帳を記帳して確認できる

項目から記入してください。
☆ 食費や日用品等項目ごとの金額がすぐにわからない分は、まず1か月レシートを保管して

おおよその金額を把握しましょう。

 

前月の月末の数字 - 今月の月末の数字 の差額が増えていれば、

貯まっている時期です。差額が減っていれば、浪費している時期です。

 

現状を把握することが第一歩です ♪

 

次に年間の支出を確認しましょう。

月ごとにイベントとかかる金額を記入してください。

1月はこんな感じです ↓

お年玉 2万

帰省費 3万

新年会 1万

合計  6万

 

他の月は、こんな感じの支出でしょうか ↓

2月 バレンタインデー

3月 ひな祭り、送別会

4月 入学、進学、歓迎会

5月 自動車税、GWレジャー、母の日

6月 父の日

7月 お中元、夏休みレジャー

8月 お盆、帰省、夏休みレジャー

9月 敬老の日

10月 ハロウィーン

11月 七五三、お歳暮

12月 クリスマス、帰省

※ 年払いの保険や固定資産税、車検等もあります。

↑ ③(1月~12月の特別支出合計)

 

 

あなたが1年間で貯められる金額は?

① 1年間の手取り -( ② 月の支出 × 12 + ③ 年の特別支出合計 )=?

 

いくらになりましたか?

 

 

今回は現状把握までとします。お疲れ様でした ♪

 

次回からは、

無駄な出費を減らして貯めるポイントを

書いていこうと思います。

 

貯めるどころではなく、過去の私のように

返済に追われていますという方のためにも

返済方法のポイントも書いていこうと思います。

 

 

Follow me!

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です