熊本地震・土地問題

 

 

平成28年の熊本地震から3年が経ち、

住宅問題もまだ残っている方も多い状況です。

 

夫の家は全壊したので、家は解体しました。

住まいをどうするかで二転三転し、

結果、義母は賃貸に住むで落ち着きました。

 

今の問題は、夫の実家の更地の固定資産税です。

令和2年までは、

更地でも建物が立っているのと同額の税額

(軽減税率)が適用されていますが、

令和3年からは、更地として評価されるので、

固定資産税が4倍位になります。

 

固定資産税の負担をなくす

or

固定資産税評価額を下げるために、

あれこれ相談し、悩み中です。

 

思い切って

町役場に電話してみました。

「宅地を寄付したいのですが、、」

役場の方曰く、

「皆さん、そう言われますが、

引き取りは難しいです。」

 

田舎の土地の処分は、難しいです。

 

土地価格は、需要と供給なので。

 

先祖代々の土地を手放すことに

後ろめたい気持ちもある反面、

使わない土地を持っていることでかかる

固定資産税や除草作業の負担は重く、

簡単に割り切れない部分もあります。

 

しかし、対策は立てておきたいので

考えました。

 

♦ 私達夫婦のアイディア

「太陽光発電用地として売却」

「ドッグラン」

「お寺に寄付して墓地に」

「NPO法人に寄付」

「畑にし、家庭菜園として貸す」

 

今のところ、「畑へする」が

私達夫婦の中では有力ですが、

義母や義弟の考えもありますので、

みんなで悩んで、考え中です。

 

住居に適さなくなった土地でも

更地の評価とは、

矛盾を感じます。

 

何か、他の案はないのでしょうか?

 

今回はぼやきで、失礼致しました。

 

 

Follow me!

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です