30代の共働き世帯、年間支出の目安はどのくらい?

 

「年間支出の目安はどのくらいですか?」

保育園に通うお子さんが2人いらっしゃる

30代ご夫婦から受けた質問です。

 

中学生までが貯め時のピーク

中学までにいくら貯められるかが、ポイントになります。

高校、大学と進学する時期は、

入って来るお金より、出ていくお金が多い時期です。

特に、大学の時期のお金の動きはダイナミックです。

 

小学校など早い時期から私立の学校に通う場合には、

貯め時のピークはありません。

日ごろからコツコツと貯めていくことになります。

 

手取り額40万円のファミリー世帯の家計バランス

毎月の手取り額が40万円の場合の目安です。

住居費       10万円

食費         5万円

交際費・レジャー費  3万円

通信・水道光熱費   3万円

被服・美容費     3万円

教育費        4万円

保険料        2.5万円

雑費         1.5万円

貯蓄         8万円

 

ご自分の家計と違う項目もあるかもしれません。

あくまでも目安としてください。

 

支出バランスの注意点

食費は、健康にかかわってくるので

節約したい時でも栄養バランスを第一に考えていきましょう。

 

貯蓄は手取りの20%以上、住居費は手取りの25%以下、

社会保障を知ったうえで足りない分は保険で補っていれば、

その他はご家族の価値観によって決めていけばいいと思います。

 

家計管理の仕方が分からない、

家計の見直しをしたい方、

個別相談をお受けしています。

お気軽にどうぞ (^^♪

 

お問い合わせ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。