効果的な支出カットは?

 

最小の労力で最大の効果を (^^)

今回もそんな話です。

 

お金を貯めるには、

無駄な支出をカットするのが近道です。

何からカットしたらいいのか?

考えてみてください。

 

 

支出を大きく分けると、

固定費、変動費、特別費に分かれます。

 

① 固定費

住居費、保険料、通信費、水道光熱費、税金、教育費等

② 変動費

食費、日用品費、被服費、交通費、交際費、趣味娯楽費、

医療費、お小遣い等

③ 特別費

冠婚葬祭費、お祝い費等

(分類は明確には決まりがありません。

固定費は一定額が決まっている費用、

変動費は変動する費用、

特別費は各自の価値観や生活により変わる費用で

分類してみました。)

 

①~③の費用の中から、

支出カットできると

効果が大きく長く続くものは

何でしょうか?

 

そして、

カットしてもそんなにストレスにならないものは?

 

 

答えは、① 固定費です。

 

固定費は、

毎月決まって出る支出なので、

カットできれば、

効果が長く続いて後々楽になります。

 

特に金額が大きいものから見直すと

効果を大きく感じます。

 

効果が実感できる

これ重要です。

 

ストレスになるようなら長続きしないので、

できる項目からできる範囲でいいと

思いますが。

 

 

☆ こんな支出を見直しませんか ?

 

♪ 家賃や住宅ローン

 

(家賃や住宅ローンは、

できれば手取りの25%~30%が理想的です。

予算オーバーしている場合は、

他の支出のカットを考えましょう)

(住宅ローンの残額が1000万以上、金利差1%以上、

返済完了まで10年以上ある等の場合効果的)

 

♪ スマホの乗り換え

 

(大手キャリアの半分以下位になります)

 

♪ 保険料

 

(まずは内容の確認をし、必要かどうか考える。

難しくて判断できない時は、

専門的な知識を持つ中立な立場の方に

相談をお勧めします)

(月払いを年払いにする)

 

♪ 水道光熱費

 

水道代は、エコの観点から

「出しっぱなしを気をつける気持ちが持てればよし」

位でいいと思います。

ガスや電気代は、会社ごとに料金が違っているので、

他の会社から見積もりを取って比較することにより

削減できます。

同じ会社でも、契約プランの見直しをすると

安くなることがあります。

(私の場合、都市ガスは5000円位だったのが、

引っ越し後プロパンガスになり1万円位になりました。

電気代は、5000円~15000円位かかっていました。

その後、IHを導入しオール電化にし

時間帯割引を利用したところ、

電気代は前と同じままでガス代はゼロになり、

ガス代分削減できました。)

 

 

 

 

全てができなくてもかまいません。

先ずは、自分の価値観を見つめ直し

一つずつから始めましょう。

 

固定費ではありませんが、

こんな支出も見直しポイントです ↓

 

☆ 実は侮れない支出

 

♪ カフェ代やお茶、缶コーヒー代

 

(120円のお茶や缶コーヒーを一日2本、

月に30日買うと7,200円、

年間では、86,400円になります)

 

♪ 年会費有りのカードを見直す

 

(年会費1080円のカード3枚で1年間で3240円、

10年間で32400円です)

 

♪ 使用頻度が低いものは、買わずにレンタルする

 

(週末しか乗らない車があれば、

レンタルやカーシェアリング

スタイリストに似あう服を選んでもらえる

洋服レンタル

新刊も図書館で借りて、

必要を感じた時だけ購入する等)

 

 

物が増えると掃除や整理整頓にコスト(時間)が

かかります。

ストックしているスペースだって、

実はコスト(場所代)がかかっています。

本当に自分が好きなもの、

必要なものを厳選して手に入れる生活を

心がけると不要な支出も減っていきます。

 

断捨離と整理整頓は、私も取り組み中です。

実践は難しいですが、

一つ買ったら最低一つから二つは処分するように

しています。

買う前には、整理整頓をするようにしています。

そうしていると、

「見つかってよかった。買うのは、先延ばし~」

なんてことが多々あります。

 

あなたが今持っているもの、

くつやバック、洋服、ジュエリー等

使えるものがあるかもしれません。

 

冷蔵庫や食品庫の整理整頓も

余分な支出を抑える効果があります。

フードロスをなくすことにも

貢献できて気分もいいですね (^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です